「虚無の声」 人間椅子

<タイトル>

虚無の声

<収録アルバム>

異次元からの咆哮

<アーティスト>

人間椅子

<解説>

 引き続き人間椅子を紹介いたします。

 今回は20thアルバム「異次元からの咆哮」の一曲目である「虚無の声」です。

 イントロの歌詞からして、「自分の世界に閉じこもってないで、外へ目を向けてみようよ」と言ってくれている気がします。

 わたしの悪癖あくへきで、機嫌が悪くなるとすぐ卑屈ひくつになってしまうのですが、この曲を聴くと「いま、精神的に閉じこもっている状態だなー」ということに気づいて、「いかんいかん」と気が楽になるのです。

 人間椅子としてはポップな曲調だと思いますが、メッセージ性は凝縮されている、完成度の高いナンバーです。

 Spotifyの音源と、YouTubeのミュージックビデオのリンクを、下に添付しておきます。