遠い空の向こうに

曇天を白馬が駆け抜けて
あいつをなんとか掴めないものかと
煙草を一服
遠い空の向こうに

六月の雨が大きな虹を作った
いっそあいつを一掴みにと
手を伸ばした
遠い空の向こうに

入道雲に乗ってみたいな
あいつの上で日光浴だ
風呂につかりながら眺めてみる
遠い空の向こうに

あそこには何があるのか
きっと遊園地だ
早く行ってみたいな
遠い空の向こうに

前の記事

The March