第2話 その男、似嵐鏡月

YouTube

 東京都と神奈川県の辺境に位置する山脈地帯。

 とびきり標高の高いところの一角をすっぽり削り取って、この隠れ里は造られていた。ここがウツロとアクタの『故郷』である。

 彼らが作業をしている畑は、隠れ里にある小さな日本家屋に併設されたもので、ここでの生活に必要な食料はほぼ、その収穫物でまかなわれている。

 家のほうは屋敷というよりも、大きめの庵といった感じだ。

 長方形の母屋は前座敷と奥座敷に分かれていて、そこから直角に折れる渡り廊下の向こうに『はなれ』、そしてさらに直角に頑丈な塀が建てられている。

 上から見ると、『コの字』の形になっているわけだ。

 その中には簡素ではあるが庭園、植え込みの松や四季折々の花々、石燈籠や錦鯉の泳ぐ池などが設置されている。

 ここは空からの目視では死角になるよう設計されていて、地中にはソナーなどの音波、GPSなどの電磁波を誤認識させるシステムが組み込まれている。

 端からはただの山にしか見えないというわけだ。

 隠れ里の主は傭兵上がりの殺し屋で、暗殺の請負で生計を立てている。

 ウツロとアクタをこれまで養ってきたのは、自分の暗殺稼業の後継者に据えるためであり、実際に二人は、その方法を徹底的に叩き込まれてきた。

 さまざまな武器・暗器の使用方法から古今東西の体術、果ては諜報の極意から実戦における戦略の立て方まで。

 人間を殺傷するために必要な技術の多くを教育されたのである。

 次第に傾いてくる太陽の角度から、二人はそろそろ夕刻であることを意識した。

「ウツロ、日が暮れるぞ」

「うん」

「腹あ、減ったな」

「うん、俺もだ。でも、もう少しで終わるよ」

 アクタは手を止め、天を仰ぎながら額をぬぐっているが、ウツロは会話をしながらも、せっせとネギを引っこ抜いている。

 里へと近づいてくる気配を、彼らは少し前から感じ取っていた。

 そしてそれが、自分たちの育ての親、似嵐鏡月(にがらし きょうげつ)であることも。

「ウツロ、お師匠様が来る。急ぐぞ」

「いま、蛭の背中の辺りだ。この歩みなら、あと三十分はかかる」

「夕餉の準備をしなきゃならんだろ?」

「今日は差し入れがあるみたいだよ。一人分の携行食にしては強すぎる」

「お前、においまでわかるのか?」

「こっちはいま、風下だからね」

「いや、そういうことじゃなくてだな……」

 『蛭の背中』とは、隠れ里からだいぶ山を下った渓谷沿いの難所を指し、盛り上がった土壌がすっかり湿って苔むしていることから、彼らだけに通じる暗号として用いられている言葉である。

 そんな場所の状況をたちどころに言い当てる獣のような嗅覚に、アクタは驚いて呆気に取られている。

 その態度にウツロ当人は、不思議そうなまなざしを送った。

 気づかないうちに成長を続けているこの憎めない弟分の存在に、アクタはポカンと開き気味だった口をスッと締め、控えめに破顔した。

「どうかした?」

「なんでもねえ。ほれ、仕事仕事」

「変なの……」

 ウツロとアクタがそれぞれ最後の一束をギュッと結び、大きく伸びをして一息ついたところへ、その男は現れた。

 杉の大木が作る並木の、人一人がやっと通り抜けられるほどの間隙。

 木漏れ日も弱まってきて、すっかりぼやけているその奥から、獣道を通り抜けて姿を見せるゆがんだ蜃気楼。

 それは黄昏の闇を背負ってなお暗い、黒炎のような。

 彼こそウツロとアクタの育ての親である殺し屋、似嵐鏡月その人である。

 群青色のストールから、ほぼ白髪だが中年としては端正な顔がのぞいている。

 藍色の羽織と着流しの下には、筋肉細胞を爆縮したような、屈強極まる体躯を隠してある。

 ただでさえ豪奢に見えるが、これでも着痩せしているのだ。

 腰にはマルエージング鋼製の愛刀・黒彼岸(くろひがん)を差している。

 斬るというよりは『砕く』ことに主眼を置く大業物だ。

 軍靴の仕様に改造した黒色のロングブーツで大地を重く踏みしめながら、彼は二人の前まで歩み寄ってきた。

 その右手には風呂敷包みを引っ提げている。

 ウツロの予見どおり、その中には三人分の夕食が納められていた。

「お帰りなさいませ、お師匠様」

 ウツロとアクタはすぐさま片膝をついて、その男の前にかしずいた。

「せいが出るじゃないか、二人とも」

 ウネの横いっぱいに結束されたネギの列を一瞥して、水晶の帯留めをいじりながら、似嵐鏡月は満足げな表情を浮かべた。

 同時に彼はその状況から、小脇に抱えている食事の存在を悟られていたことに気がついた。

「ウツロ、わしの差し入れを嗅ぎ当てたな?」

「ご無礼をお許しください、お師匠様」

 ウツロはハッとした。

 彼は心のどこかに、自分の成長をほめてもらいたいという願望があった。

 だからアクタにも、晩の支度はしないよう促したのだ。

 アクタもそれに感づいていたから、あえて反対はしなかった。

 しかしウツロは、この親代わりの殺し屋を前にして、突如自責の念に駆られた。

 小賢しい承認欲求をさらし、自分を育んでくれた尊い存在を、不快な気分にさせてしまったのではないかと。

 お師匠様がそんなことをするはずがないと、彼は重々理解している。

 しかしどこかで、自分を否定するのではないかという恐怖が芽生え、それは決壊寸前のダムの水のように緩徐として、しかし十二分の重量感を持ってあふれ出てきた。

 お師匠様に無礼を働いたと考えているのか、それとも自分の保身のことしか考えていないのか、それすらもわからなくなってきた。

 頭が混乱する、思考の堂々巡りだ。

 ウツロはただただ平伏して、似嵐鏡月に黙して許しを請うた。

 しかしそこは、いやしくも育ての親。

 似嵐鏡月本人は、ウツロの複雑な胸中をすぐに察し、口もとを緩めてみせた。

「よいよい、わしはほめているのだ。お前のその鋭敏な嗅覚、いや、嗅覚だけではない。五感のすべてが突出して優れている。しかも日に日にその鋭さを増しているな? それがどれほどわしにとって有益であるか。ウツロ、お前の存在は本当に心強いぞ」

 ウツロはグッと拳を握った。

 俺はなんて最低なんだ。

 心の底からそう思った。

 大恩あるお師匠様を煩わせた挙句、あらぬ疑いまで持ってしまった。

 俺はつくづく最低だ。

 恥ずかしい、この世に存在しているという事実が。

 可能であるならば、いますぐ消えてしまいたい。

 俺はこの世に、存在してはならないんだ。

 彼はいよいよ思考の泥沼へ。

 その鈍く重い深みへとはまり込んでいく。

 落ちる先は自己否定という名の深淵。

 たどり着くことのない奈落へと。

「頭を上げてくれ、ウツロ。アクタもだ」

 ウツロは反射的に顔を上げた。

 似嵐鏡月は跪いて、ウツロに目線を合わせていた。

 その顔には温かい笑みがたたえられている。

「あ……」

 ウツロは喉の奥から、嗚咽にも似た声を漏らした。

 似嵐鏡月はそっと、ウツロの頭に手を当てる。

「ウツロ、お前は心根の良い子だ。それゆえ、そのように自分を責めてしまうのだね? 恥じることなど何もないのだ。それがお前の個性なのだから」

 師を見つめるまなざしが濁る。

「う、お師匠様……」

 アクタも気丈を装ってはいるが、そのまなじりはにじんでいる。

「ウツロ、アクタ。何があろうとお前たちは、わしにとってかけがえのない存在だ。たとえ天が裂け、地が割れるようなことがあっても、お前たちを否定することなど、あるはずがない。それだけはどうか、わかってほしいのだ」

 似嵐鏡月は身を寄せ、ウツロとアクタを両腕で抱え込む。

 彼らはしばし、伝わってくるその温もりを享受した。

「よし、もう大丈夫だな。ウツロ、お前は強い子だ。アクタ、どうかこれからも、ウツロのよき支柱となってくれ。お前がいてこそなのだ、アクタ。車輪と同じく、どちらが欠けても成り立たない。お前たちは、二人で一つだ」

「もったいないお言葉です、お師匠様……」

 アクタは隠しているつもりだが、体が小刻みに震えている。

 兄貴分として気を強く持とうと、普段から常々と振る舞ってはいるが、彼もウツロと同じ境遇には違いない。

 思いの丈をぶつけたくなるときだってある。

 それを察してくれる師の存在は、何ものにも代えがたい。

 ウツロもアクタも、心は決意に変わっていた。

 アクタはウツロを、ウツロはアクタを、絶対に守り抜く。

 そしてお師匠様に、この偉大なる救い主に、絶対の忠誠を誓うと。

「うむ、よきかな。さあ、立ってくれ二人とも。今夜はうまい飯を手に入れてきたのだ。冷めないうちにいただこう」

「はい、お師匠様」

「ウツロのやつ、さっきから腹あ減ったってグーグーいわしてたんですよ、お師匠様」

「なっ、それはお前だろ、アクタ!」

「お師匠様、早くご馳走持ってこないかなあって言ってたくせに」

「アクタっ、虚偽の弁論をするな! お師匠様っ、反駁の機会を俺に!」

「ははは、本当に仲が良いなあ、お前たちは」

「良くないです!」

 顔を膨らせてのにぎやかなやり取りに、似嵐鏡月は破顔が止まらないのであった。