第1話 デ、ア、イ 

「彼女、欲しいな……」

 そんなことをつぶやきながら、俺は今夜もネットで恋愛マッチング・サイトのサーフィンに興じていた。

「婚活は結婚が前提だしな……とりあえず彼女が欲しいってのをかなえてくれるサービスって、以外にないんだよね……」

 ブラウザのウィンドウは検索ログで埋め尽くされている。

 いったいいつまでこんなことを続けにゃならんのだか。

「うーん、やっぱ物理的にリアルな世界で探すしかないってことか……おや?」

 これは?

 なんだかヘンテコなタイトルのサイトがあるぞ。

「サブスクリプション彼女……」

 どういうことだ?

 定額制で彼女とつきあえるサービスとか?

「どれどれ」

 ほうほう。

 どうやらそのとおりみたいだ。

 一か月につき千円ぽっきりで?

 お望みのタイプとマッチング?

 従量課金などのオプションはなし。

 パートナーとの同意があれば結婚までステップアップもできる。

 ほう、ほう……

「すごい、これはいいぞ……おお、これは……」

 なんと、一か月間の無料体験が可能!?

 すごいぞ!

 これはいい!

 なんてすばらしいサービスだ!

 どうしていままでこんないいものに気づかなかったんだ!?

 よし、善は急げだ!

「ワンクリックでサービス開始、と。これも簡単でいいねえ」

 お、申し込み画面が出てきたぞ。

「えーと、インフォメーションにしたがって好みのタイプを入力っと」

 ぱちぱち、かたかた。

「そして俺のパーソナルを入力ね」

 ぱちぱち、かたかた。

「よしっ。で、マッチングをクリック」

 弊社独自開発のAIが登録者情報からマッチング中です。

 一分程度お待ちください、か。

 なるほどなるほど。

 すごい時代になったもんだな。

 でも、機械に決めてもらうってのは、なんだかね。

「お」

 マッチングが終了いたしました。

 こちらの方でよろしければマッチングを完了いたします、か。

 どれどれ、どんな人なのかな?

「おお、こりゃすごい……」

 年齢はタメ。

 地元国立大学文学部を卒業後、大手出版社に就職。

 採用後は営業部に配属で現職。

 当然というか、パートナーはなし。

 こんな田舎としてはチートなスペックだ。

 それよりも何よりもこの容姿、うん、いい。

 黒髪、セミロング。

 目はパッチリしてて、明るい感じ。

 ヒマワリとか似合いそう。

 うむ、俺のタイプだ……

 それに出版社の営業部勤務ってのもいい。

 俺、趣味で小説とか書いてるし、もしかしたらプロに見てもらえるチャンスかも!?

 あれよかれよでデビューとかできちゃったりして!?

 さ、最高だ……

 よしっ、この人に決定!

 この人に決めるをクリックと。

「ふむふむ。なんと、さっそく日時と場所を指定してきたぞ。よしよし、入力入力っと」

 ぱちぱち、かたかた。

「おっしゃ。明日の日曜日、公園前で待ち合わせか。うーん、楽しみだなあ。俺もついに運が向いてきたかな!?」

 衣装は仕事で使ってるビジネス・カジュアルが無難だろう。

 朝九時に時間は指定したから、寝坊なんてできないぞ。

 よし、今日は風呂に入ってとっとと寝よう!

 ふふっ、なんだか楽しいなあ。

 こんな具合でドキドキワクワクしながら、俺はその日、床についたのである。