第1曲 「今昔聖」 人間椅子

タイトル


今昔聖(こんじゃくひじり)

収録アルバム


此岸礼讃(しがんらいさん)

アーティスト


人間椅子

解説


 メジャー・デビュー30周年を迎えた日本の3ピース・ハードロック・バンド、人間椅子の16thアルバム「此岸礼讃」の最後(Track 13)に収録されています。

 人間椅子の楽曲はメッセージ性の強い作品が多いのですが、この「今昔聖」は苦難に立ち向かうすべての人に向け、「自分の進む道は自分で切り開かなければならないんだよ」と、語りかけてくるのです。

 自分の命運を、自分以外に託してはならない。

 どんなに苦しくとも、われわれは生きなければならない。

 そう言ってくれている気がするのです。

 仏教の「悟り」のようなもので、迷って立ち止まってしまったときに、取り出したい一曲です。