01 マヤの飛行神(ひこうしん)

<登場メカ>

マヤの飛行神ひこうしん

<登場回> 

第1話 つばさよ あれがマヤの

<舞台>

メキシコ マヤ遺跡いせき

<お宝>

マヤ文明の黄金のメダル

<解説>

 のっけから「メカローバー」ではありません。

 しかも、おそらく設計図も、ニトロ博士のオリジナルではなかったはずです。

 メキシコ・マヤ文明の図面をニトロ博士が起こして、という流れだったと思います。

 古代文明の手になるマシン……

 攻撃を跳ね返す障壁や、雷系の魔法が必要だというのでしょうか?

 大丈夫です、自立はできません。

 本回でキーアイテムとなる、「黄金のメダル」を動力とします。

 肝心のそのメダルは、モンタナたちの手によって奪われてしまいますが、天才・ニトロ博士はなんと、なまり製の「動力伝達装置」なるレプリカをこしらえていたのです!

 備えあれば憂いなし。

 これこそ、ニトロ博士を天才せしむるゆえん、その証左ではありませんか。

 蛍光色の「木魚」みたいなデザインです。

 より具体的には、「囲炉裏で鍋を吊り下げるときに使う金属製の棒」の途中になぜかくっついている「お魚さん」みたいなもののデザインに近いです。

 蛍光色ではありますが、断じて「金魚」ではありませんよ?

 飛行神だけに、空を飛べます。

 が、飛べるだけのようです。

 乱射式の光線銃とか、ミサイルなんかはついていないです。

 しかしながら、ガタイがいいだけに、それ自体が攻撃になるのです。

 実際に、モンタナたち主人公勢は防戦一方でした。

 ロケット式に打ち上げることで、起動を可能にします。

 その際、マヤのピラミッドを粉々に破壊しました(※フィクションですよ!)。

 いくら「神」だからといって、こんな暴挙が許されるのでしょうか?

 最終的に、モンタナの相棒・アルフレッドの機転によって、「動力伝達装置」を外され、墜落しました。

 仮にも「神」なのですが……

 そんなこんなで、退場とあいなったのです。

 一発目のマシンは、およそこんな感じです。

 次回、第2話からは、いよいよ肝心要の「メカローバー」が登場します。

 ニトロ博士も本領発揮です。

 楽しみですね(わたしだけでしょうか?)

 ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

 それでは失礼いたします。