ゆりかごに流星の降り注ぐ

 万魔殿パンデモニウムの切り立った一角いっかくにあるテラスで、アスタロト猊下げいかはぼうっと遠くのほうを見つめていらっしゃいました。

 何かをお考えのようですが、その目はステュクスがわ水面みなもか、あるいは氷獄コキュートスの結晶のようにキラキラとしているのです。

 金銀財宝をあしらった玉座ぎょくざに身を預け、ハヤブサの爪を揺らしながら、じいっとまどろんでいらっしゃいます。

 浅黒い肌は沈まない夕日を映し出して、金色こんじきまなこの光るさまは、いかにもうるわしゅうございます。

 カシャンと、エボニィの御角みづぬにはめ込んである角輪つのわが音を立てました。

「ダミエル、ちょっとこっちへおいで。退屈だから何かお話をしよう」

 首をかしげてそうおっしゃったのでございます。

 お顔がずいぶんとやさしいですから、きっといまはご機嫌がよろしいのでしょう。

「はい、猊下」

 僕がおそばに寄りますと、猊下はそっと手を差し出して、すりすりと頭をでてくださいました。

「さあ、こちらへ座って」

 エデンに生えていた大木たいぼくから切り出したテェブルに、猊下はそっと僕をいざないました。

「ふふっ」

 僕が隣の椅子いすにひょいと座ると、猊下は組んだ手にほほを乗せて、ニコニコと笑いかけてくださいました。

「ねえ、ダミエル、あそこの空をご覧。たくさん灰塵ゴミが落ちてくるだろう? あれはいったい、なんだと思う?」

「地獄に落ちた人間たちでしょうか?」

 僕がそう答えると、猊下はクスクスと笑って、手のこうを返されました。

「そうだね。冥府タルタロスが混雑しているのだよ。ハデスのやつが見境みさかいもなく極刑ジャッジメントを下すものだから、こうやって昼も夜もなく、まあ、ここにはそもそも、そんなものはないのだけれど、流星が見られるというわけさ。本当にきれいだよねえ。まるでここが宇宙の中心みたいだよ」

「裁かれる人間たちのなんと多いことでしょうね」

「ふむ。人間どもときたら、土くれから作られた分際ぶんざいで、にもつかないことばかりしおるからね。やつらは結局、みずからの神よりも金の子牛のほうが好きなのさ。みずからの手でみずからの存在を冒瀆ぼうとくしていることに気づかない間抜けどもなのだ」

「なぜ人間は、みずからの手でみずからの存在を放棄ほうきするのでしょうか?」

「うむ、いい質問だね、ダミエル。人間というのはね、自分の近くにあるものほどよく見えないのだ。まなざしがくもっているのだね。逆にみずからの存在から遠いものほどよく映る。だから造物主つくりぬしよりもむしろ、われわれのほうを愛してくれるというわけさ。おかげでわれらは食いっぱぐれないがね」

「人間とはずいぶん、忘れっぽい生き物なのですね」

「ふむ、そうだ。やつらはすぐに忘れる。みずからが作られた存在であることも忘れ、むしろ作ろうとするのだ。なんという滑稽こっけいか。やつらはそう、神になりたいのだよ」

「なんというか、猊下のおっしゃるとおり分不相応、とてもあわれに映ります。われわれよりもよほど、罪深い存在ではありませんか」

「ははっ、よく言ったぞダミエル。そのとおりだ。人間どもが悪魔と呼ぶわれらよりよほどあれで罪深い、やつらという存在は。いと高き者が生み出したものの中で、およそ最低、最悪の存在だよ、人間は」

「なぜ超越者は、人間を土に戻してしまわないのでしょうか?」

「認めたくないからだ。自身が失敗作を作ってしまったということを。やつは本来、最高傑作のつもりで人間を生み出しただけにね。だからあんなできそこないどもの存在を許している。しかしまあ、それではさすがにメンツが立たないから、苦しまぎれに寿命という概念がいねんを作ったがね」

「人間も滑稽ですが、いと高き者こそ、正真正銘の道化に見えますね」

「ふふっ、ふははっ! ダミエル、最高だ! 君といると退屈しない! そうだ、そのとおりだ! やつこそ滑稽な道化だ! ひとりぼっちでダンスを踊っている、あわれなピエロなのだ! あはっ、ひひっ、ああ、おかしい……」

「猊下のさは晴れたご様子、なによりでございます」

謙遜けんそんしなくていいよダミエル。君はしっかりわきまえているね。まったく、人間なんぞよりよほど上等だ。やつらも少しは君を見習うべきだよ」

「そのような猊下、おそれ多いことです」

「ははっ、いやいや。本当に君はよい子だねえ、ダミエル。ああ、たくさん笑ったら腹がすいてきた。君もおなかが減っているだろう? ニスロクを呼んで何か作らせよう。おっと、作るといっても、人間のようなできそこないではなくてね?」

「猊下のご表現は諧謔かいぎゃくんでおりますね」

「ほめすぎだよ、ダミエル。でも、うれしいよ。これ、サルガタナス。すまないがニスロクに食事の用意を頼む」

 こうして猊下はご機嫌よくあそばし、組んだ足でテンポを取りはじめたのでございます。

 遠くの空からはあいかわらず、幾千幾万いくせんいくまんの流星が降り注いでおりました。

前の記事

砂糖の城

次の記事

図書館船