かつてNHK様で放送され、いまだ根強いファンを持つ傑作アニメ「モンタナ・ジョーンズ」において、欠かすことのできない要素のひとつが、天才科学者・ニトロ博士の発明する搭乗型のマシン、その名も「メカローバー」といえます。
本エッセイでは、そんな「メカローバー」の傑作群に、よい意味で(?)人生を破壊されたわたしが、毎回一体、その異常な愛情を(博士だけに?)、可能な限り語り尽くします。
いったい誰得なのかはわかりませんが、ご存じの方もそうでない方も、お時間の許すときにぜひ、おつきあいください。
番組の詳細はウェブサイト等でご確認ください。
知的財産関係にはじゅうぶんに配慮いたしますが、もしクレームが届きましたら、善処いたす所存です。
アニメは全52話ありますので、全部で52体のメカを紹介できるはずです。
厳密には「メカローバー」と表記されなかったマシンもございますが、その辺りは悪しからず。
「小説家になろう」「カクヨム」「NOVEL DAYS」「ノベルアップ+」「アルファポリス」にも投稿しています。