時代劇風

小説

名奉行・王岡一善

「先輩っ、どういうことですか!?」 「はあ?」 「だって、わたし以外にもつきあってる人がいたなんて……」 「バカなの? ...
PAGE TOP